FC2ブログ

マルナカNews

岐阜 プジョー 専門店 マルナカのブログ

シトロエンC6 エアコン点検とLDSオイル漏れ修理  

IMG_2528.jpg
岐阜市のフランス車専門店 株式会社マルナカです。
シトロエンC6は異臭がするという事で点検をご用命頂きました。

IMG_2526.jpg

下回りを点検しましたところ、パワステポンプからフルードが漏れていました。
異臭の原因はこちらです。オルタやACコンプレッサーまでオイルまみれですね。
オイルに長期間に渡り曝露されるとゴムやシールの類が劣化し漏れや破れに繋がります。

IMG_2527.jpg

ポンプの交換ですが真上にタイベルのカバーがあって取り出せない為、下側からコンプレッサー、オルタネーターと外していき一番上にあるポンプを交換します。
外したついでに補器類の清掃をして、できるだけ油分が残らないように作業します。

続いてエアコンの点検ですが、冷媒の圧力が低いため効きが悪いようです。
IMG_2483.jpg
目視点検では大きく漏れている箇所がないため、チャージングバルブのコアを交換して様子見ですね。
IMG_2507.jpg
コンプレッサーオイルとガスチャージで8度まで冷えるようになりました。

ご用命有難うございました。

Posted on 2019/06/14 Fri. 11:53 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

プジョー3008 エアコン修理とヘッドライト磨き  

IMG_2508.jpg
フランス車専門店 株式会社マルナカです。
3008はエアコンが効いたり効かなかったりということで、以前からご相談受けておりました。

ご来店のタイミングでは毎回効いているので原因を突き止められずにいましたが、本格的な夏前に修理をということでお預かり致しました。

IMG_2440.jpg

お預かりして3日目くらいに、ようやくエアコンが効かなくなってくれましたので故障診断致しました所、エアコンコンプレッサーのコントロールバルブ不良と判断しました。
今回の様なバルブの故障もそうですが、本体が機械的に故障して圧縮がなくなる場合も多いです。サプライヤー経由でバルブのみの入手も可能ですが、上記の理由でアッセンブリーで交換しました。

IMG_2479.jpg
PSAのEPエンジンは大抵このデンソーの可変容量式のコンプレッサーが付いてますが、非常によく壊れますね。
新車から5万キロも乗れば一度は交換するのではないでしょうか?
IMG_2482.jpg
真空引きしてエアコンガス封入しまして完成です。
6.2度まで下がりました。いい具合です。

ついでにヘッドライトの磨きもご用命頂きました。
ありがとうございます。
IMG_2475.jpg IMG_2477.jpg

Posted on 2019/06/13 Thu. 10:48 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

シトロエンC6 オートマチック 変速ショック点検修理  

IMG_2474.jpg
岐阜のフランス車専門店 株式会社マルナカです。
初めてご入庫頂きましたブルーモーリシャスのシトロエンC6はオートマチックのシフトショック修理のご依頼です。

ATFを交換しても改善されなかった為、テスターでパラメーターを確認したところソレノイドバルブの不良と判断しました。

IMG_2472.jpg
メーカーからはソレノイドバルブ単品での供給はありませんが、よくあるアイシン6速ATなのでサプライヤー経由でソレノイドバルブのみの入手も可能です。
ただ今回はご予算的に余裕があるのでバルブボディのアッセンブリーで交換致しました。

IMG_2473.jpg
右が新品、左が車両についていたバルブボディです。
ぱっと見た目は同じですが、地味なマイナーチェンジがされております。

パーツの交換後、プログラムのダウンロードをして試乗。
シフト変速時のショックも改善されておりました。

こちらの車両は他にエアコン修理とLDSオイル漏れの修理も承っておりますので、パーツ届き次第取り掛かります。

弊社では他社でご購入された車両でも喜んでお引き受けいたします。
ディーラーでの高額なお見積りに悩んでいらっしゃる方や、現在の整備工場に納得いかない方、お力になれる事があるかと存じますので、一度お気軽にご相談ください。

Posted on 2019/06/11 Tue. 16:50 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

208ドラレコ取付け RCZエアコン修理  

岐阜のフランス車専門店 株式会社マルナカです。
ここ最近、最高気温が25度以上になる日もあって暑いですね。
RCZはエアコンの修理点検のご依頼です

IMG_2367.jpg
プジョー シトロエンに限って言うと、一昔前はエアコンが効かない場合、冷媒漏れが原因の場合が多かったですが、最近はコンプレッサー自体の故障や、制御的な問題がある場合も多いです。

こちらのRCZも年式が比較的新しいので、ガス圧測定の前にダイアグ診断機による事前チェックで、ECUによる制御がない事を確認しました。
IMG_2370.jpg
点検の結果はラジエターのクーリングファンを制御するレジスターの故障でした。
ご存知の通り車は12Vで動いていますが、モーターに12V掛けると一定の速度でしか動かせないため、このモジュールで抵抗を可変しながら回転速度をコントロールします。
ファンが命令と違う速度で動くためECUが故障と判断しACコンプレッサーの作動を抑制していまいた。

エアコン修理の季節になってきました。
なんとなく効きが悪い、まったく効かない、吹き出し口の左右で温度差がある、エアコンの風が臭い、そもそも風が出ない等々・・・。
お悩み事がありましたらお気軽にご相談ください。

9200250_20190519112644_302_P_Pit_Blog_01[1]

208はドラレコ持ち込みで取付けをご用命頂きました。
9200250_20190519112644_793_P_Pit_Blog_03[1]
取付け場所をご指定頂きまして、30分くらいの作業です。
電装品の持ち込み歓迎です。是非ご用命ください。

Posted on 2019/05/20 Mon. 10:26 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

シュコダ シュバーブ クーラント漏れ点検修理  

IMG_2322.jpg
シュコダ シュバーブはクーラントが減るとの事で入庫しました。
点検の結果、ウォーターポンプから漏れていました。

パーツ注文から3週間・・・。
ようやく届きましたので早速作業に入ります。
IMG_2300.jpg
ディーゼルエンジンは圧縮比が高いのでクランク回すのも一苦労ですね。
走行距離もそろそろ10万キロ近いので、タイベルも同時交換です。
懸念していた特別な工具も必要なく(手持ちのSSTを組み合わせて)サクっと交換できました。

並行輸入車も時間さえあればパーツの手配に困る事はないですね。
一昔前に比べると、並行車に乗るハードルがぐんと下がりました。

この度はご用命有難うございました。

Posted on 2019/05/16 Thu. 11:54 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

プロフィール

メールフォーム

リンク

最新記事

カテゴリー

月別アーカイブ

RSSリンクの表示


▲Page top