FC2ブログ

マルナカNews

岐阜 プジョー 専門店 マルナカのブログ

グランドC4ピカソ チェックランプ点灯修理 207クラッチ交換 106エンジン不動修理  

フランス車専門店 株式会社マルナカです。
食欲の秋到来!

というわけで、グランドC4ピカソはエンジンチェックランプの点灯で入庫。
IMG_0843.jpg
別段エンジンはいつもと調子変わらないらしいです。
IMG_0849.jpg
テスターで診断したところ、電子制御式サーモスタッドの制御不良でした。よくありすぎるくらいにある故障です。

C4はエンジンオイル交換をご用命頂きました。有難うございます。
IMG_0848.jpg

106はエンジン不動。セルは回ります。
IMG_0802.jpg
ユーザーさん自身でWリレーやフューエルポンプやイグニションコイルも交換済。
さらに海外の業者に頼んでイモビもカットされたらしいです。驚き。
IMG_0801.jpg
しかし、点検してみますと燃圧が0Barでした。Wリレーまで電源きてないです。
配線図を参考に追っていきますと
IMG_0803.jpg
ヒューズボックスに電源を供給している端子が折れてました。純正じゃないですね。これ。
端子を作成し直して完成。エンジンも一発始動です。

207は異音で入庫。冷間時にキュルキュル。
IMG_0851.jpg
入庫後、三日間くらい再現しませんでしたが、四日目にして突然凄い音が・・・。
音を聞くまではベルト関係かと思いましたが、クラッチのレリーズですね。
IMG_0844.jpg
ということで、クラッチオーバーホールです。
IMG_0846.jpg IMG_0847.jpg
クラッチ板も減ってます。丁度、交換時期でした。

さくっと書いてますが、ここに行きつくまでに、
IMG_0841.jpg
この錆びたロアアームのボールジョイントを外すのが大変に苦労しました。
SST使ってようやく外れました・・・。
ここまで大変な思いしたのは近年稀にみる部類でしたが、207とか1007に多い気がします。
年式ですかねぇ。

Posted on 2018/10/22 Mon. 13:45 [edit]

category: 未分類

tag: グランドC4ピカソ  207  106  C4 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

メールフォーム

リンク

最新記事

カテゴリー

月別アーカイブ

RSSリンクの表示


▲Page top