マルナカNews

岐阜 プジョー 専門店 マルナカのブログ

405と508のAT不調 308チェックランプ 406エンジンストール  

フランス車専門店 株式会社マルナカです。

プジョー508SWは加速すると振動が出るという事で入庫。
エンジンが振れるというお話でしたが、試乗の結果オートマチックでした。
IMG_9229.jpg IMG_9184.jpg
パラメーター見ながら試乗。ロックアップクラッチが作動する際に振動しますね。
制御上はおかしな点がないですし、エラーコードも入っていませんので機械的な問題ですね。
IMG_9261.jpg
とりあえずフラッシング剤入れて3時間ほどアイドリング&試乗。そしてATF交換。
改善しません。お見積り作成してオーナーさんにご相談です。

405もATの不調です。懐かしの4HP14
冷間時1速から2速に変速せず。
IMG_9230.jpg
フラッシング剤入れてATF交換。アイドリング&試乗する事5時間。
IMG_9220.jpg
キックダウンケーブルとセレクションコントロールの調整。一晩置いて試乗しましたがいい感じです。
明日の朝もう一度試乗して問題なければ納車です!

次、308は出張先でエンジンチェックランプの点灯。
IMG_9258.jpg IMG_9257.jpg
地元のディーラーさんで点検したら高圧燃料ポンプが悪いという診断だったらしいですが、
フリーズフレームデータの急速補正-30%はどうやって説明するんですか?
車検が近いのでその際にタイミング点検します。それとRECSやりましょう。

次、1007 こっちもエンジンチェックランプ点灯
IMG_9167.jpg IMG_9165.jpg
入ってるエラーはミスファイヤーらしいです。
IMG_9164.jpg
一気筒動いてないです。
IMG_9177.jpg
プラグとコイル交換で完治しましたー。

406は信号待ち中などにエンジンストール。
いい時は全然いいし、悪い時は急に悪いらしいです。
IMG_9226.jpg
とりあえずテスター繋いでみますが、エラーは入っていません。
ひとつずつ数値を見てエンストする時に何が起こっているか検証します。
IMG_9201.jpg IMG_9196.jpg
左が正常、右が調子悪い時の02センサーと回転数のグラフです。
02の動きからリッチ状態が続いて回転数が落ちているのが分かりますね。
燃料濃すぎです。

IMG_9195.jpg
燃圧問題なしー。ISCVは去年交換しております。
他のパラメーターも参照しますと
IMG_9202.jpg
キャニスターソレノイドが動き出すとエンジン回転が一気に下がります。
ここの所暑かったので、キャニスターから大量に濃い蒸発ガスが出ていたと推察。
走行距離21万キロ!なので、ソレノイドと一緒にキャニスターも交換しましょう。


Posted on 2018/04/26 Thu. 15:47 [edit]

category: 未分類

tag: 508  405  308  406  1007 
tb: 0   cm: 0

今年こそ  

岐阜のプジョー専門店 株式会社マルナカです
今年こそブログの更新を頑張りたいと思います。

1007は異音で山口県から遠路遥々陸送されてきました。
IMG_8158.jpg
山口のディーラーではドライブベルトの鳴きと診断されたようですが、明らかにレリーズベアリングから音してます。
そうこうしているうちにクラッチアクチュエーターが動かなくなり、不動となりました。
IMG_8159.jpg IMG_8160.jpg
クラッチキットとドライブシャフト等のオイルシール一式とアクチュエーター交換して完成です。


308SWはウォーターポンプからの水漏れ。
樹脂製のものからダイキャスト製へ交換です。経年劣化で樹脂製のウォーターポンプが変形するんだと思います。
IMG_8171.jpg IMG_8172.jpg


207CC GTはセルモーター不動
IMG_8169.jpg IMG_8176.jpg
キーを回してもうんともすんとも。もちろんバッテリーもマイナス端子も問題ないです。
セルの故障というより、制御されているような感じで気持ち悪いです。

ダイアグ読み出してみたらエンジンECUと通信してないようです。
電源を調べてみようとカプラーを外したら・・・
IMG_8163.jpg
エンジンの冷却液が!
水温センサーを伝ってここまで入ってしまったようです。207出始めのころ結構あったことを思い出しました。

掃除して組付けましたが、かからず・・・。それもそのはずで、よくよくカプラーみたらピンが一本腐食して折れてました。
(上の写真、見ずらいですが、上から三段目の右から二本目)
IMG_8166.jpg
とりあえずバラして中身確認しましたが、基盤そのものはまだ使えそう。
折れた端子だけ復活できればあるいは・・・。

Posted on 2018/01/18 Thu. 17:35 [edit]

category: 未分類

tag: 1007  308  207 
tb: 0   cm: 0

308 車検など  


岐阜のプジョー シトロエン専門店株式会社マルナカです。

待合室の前のバラが今年も咲きました。
ほとんど土のない所なんですが、アイビーも元気に壁をつたってます。
壁中つたわせてもいいんですが、部屋の中が湿気っぽくなりそうなので毎年夏前に選定してます。
バラの方は来年までにアーチを設置してもっと綺麗にしようと思います☆お楽しみに。

IMG_6011.jpg IMG_6012.jpg

308はご新規様で車検です。「一宮まで遠いわ~」ということでご来店。
プジョー・シトロエンに関してはコンフィグ・キャリブレーションなどの特殊作業はもちろん、
SSTも多数所有しておりますのでディーラーレベルの作業ができます。
最近は業者様からの修理依頼が一気に増えました。近隣の業者様もお気軽にどうぞー。

ルノー・アルファ・フィアット系もある程度はできますので、よろしくお願いします。
IMG_5961.jpg
年式のわりに走行距離が少ないので、お見積りの段階でお話しお伺いすると年間300Kmくらいしか走らないそうで・・。
経年劣化するような油脂類の交換くらいで、後はほとんど悪いところないですね。
IMG_5970.jpg IMG_5972.jpg

ディーラーさんで、6か月点検もこまめに受けられてたようで、バッテリーも大丈夫でした。
IMG_5974.jpg IMG_5977.jpg

IMG_5976.jpg


エンジンルームと下回りをクリーニング&防錆処理して車検場へGo!!
IMG_5978.jpg IMG_5973.jpg

次、1007は二回目のご入庫。
足回りからの異音です。
IMG_6015.jpg
IMG_6016.jpg
アッパーマウントですね。
IMG_6019.jpg
右側が新品です。
左側の中心の穴がガバガバになってます。カラーも取れちゃってますね。
グリースがたっぷり塗り込まれてましたが、グリスアップは一時しのぎですよ~。

Posted on 2016/05/17 Tue. 17:24 [edit]

category: 未分類

tag: 308  1007 
tb: 0   cm: 0

308オートマとタイミング調整 1007クラッチ板交換 206シリンダーヘッドガスケット交換  

こんばんは 岐阜市のフランス車専門店 株式会社マルナカです。
今日は106とC4ピカソをご契約頂きました。有難うございました。
来週にかけて納車整備を進めてまいります。

308は初めての入庫ですね。今後とも宜しくお願い致します。
オートマチックの不調と時々ターボが効かなくなるとの事です。

IMG_4214.jpg

テスターでパラメーターを確認したところ、オートマチックの油圧制御をしているソレノイドバルブの不良です。
IMG_4206.jpg
IMG_4208.jpg
IMG_4210.jpg

ターボの不作動に関しては点火タイミングの不一致でフェイルセーフモードに入ったようです。
チェーンとテンショナーの交換。
IMG_4233.jpg

1007は異音で入庫。レリースベアリングですね。
IMG_4200.jpg
ミッションおろします。
IMG_4197.jpg
ベアリングが砕けてますね。クラッチもつるつるです。
セミオートマなのでクラッチペダルの「重さ」が分からないですが、概ね10万キロ前後での交換をおすすめします。
IMG_4196.jpgIMG_4199.jpg

次、206はオイル漏れで入庫しました。
シリンダーヘッドガスケットからですね。
IMG_4217.jpgIMG_4230.jpg
クーラントラインにオイルが混入してますね。
IMG_4228.jpg
オイルとクーラントが混ざると、上の写真のように乳化してヘドロみたいな物質が形成されます。
これがオートマチックフルードのクーラーに詰まるとATが加熱しすぎてATが故障することもあります。
クーラントタンクの中が茶色になってる車は注意してください。


弊社では他店でご購入頂いたお車でもメンテナンス・チューニングを承います。
車検整備・修理などでお困りの方、整備工場をお探しの方はお気軽にご相談ください。

Posted on 2015/02/14 Sat. 22:18 [edit]

category: 未分類

tag: 308  1007  206 
tb: 0   cm: 0

プジョー 1007 206 クーラント漏れ修理  

こんばんは プジョー シトロエン専門店の 株式会社マルナカです。

1007はクーラント漏れで入庫して頂きました。
IMG_4133.jpg
エンジンルームを点検したところ、サーモスタットハウジングからですね。
ハウジングを外すとご覧のとおりガスケットがちぎれてます。
IMG_4142.jpg
なんでこんな風にちぎれたのかというと、ヘッドカバーのガスケットからオイル漏れが原因のようです。
エンジンオイルに触れると耐油性でないゴムは溶けます。
IMG_4177.jpgIMG_4178.jpg
オイルストーンで綺麗にしてからヘッドカバーのガスケット交換します。

次、206 二台。
前の子がオートマチックの修理で、後ろの子が車検です。
IMG_4161.jpg

まずはATの方からいきます。こちらの車両は初めてのご入庫ですね。ありがとうございます。

バルブボディを外す。ばらす。掃除する。
IMG_4140.jpg
フィルターに磁石を入れる。ソレノイドを交換する。
IMG_4138.jpgIMG_4139.jpg

この修理、一ヶ月に何台かは必ずしてるので、このブログに何度も登場してますが、これを読んだ業者さんが自分で挑戦して
「バックは動くけど、全く前進しなくなった」というご相談を受けたのですが、SSTやテスターが必要になりますし、それでも挑戦されるかたは自己責任でお願い致します。何とかしてあげたいですが、私も電話で相談されても自分で作業してないので答えようがないです・・・

同じ車両です。
IMG_4145.jpg
作業中にウォーターポンプからのクーラント漏れを発見。こちらの修理も御用命頂きました。
3万キロ前にタイベル+ウオポン交換しているようですが、訝しげに思いつつカバーを開けるとベルトの削りカスが・・・。
IMG_4166.jpg IMG_4165.jpg
ベルト自体も削れて2/3くらいの幅になってました。

とりあえずテンショナーとベルトを外しまして原因を探りますと、アイドラプーリーが斜めに入っていたようです。
ベルトが外れる方向に動いて、クランクプーリーと接触して削れたものと推察されます。

なんでこんなことになったのか分かりませんが、斜めに無理やりボルトが入れられており、もしはずす途中でボルトが折れたらエンジンを下ろさないといけません。その都度、電話でご相談しつつ作業を進めました。
IMG_4169.jpg
なんとか折れずに済みました。
エンジン傾けながら作業スペース確保してボルト穴を修正。
IMG_4173.jpg IMG_4174.jpg
大事にならずに済んで良かったです!ほっとしました。

弊社では他店でご購入頂いたお車でもメンテナンス・チューニングを承います。
車検整備・修理などでお困りの方、整備工場をお探しの方はお気軽にご相談ください。

Posted on 2015/01/14 Wed. 02:44 [edit]

category: 未分類

tag: 1007  206 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

メールフォーム

リンク

最新記事

カテゴリー

月別アーカイブ

RSSリンクの表示


▲Page top