FC2ブログ

マルナカNews

岐阜 プジョー 専門店 マルナカのブログ

ご成約御礼  

こんばんは 岐阜県のフランス車専門店 株式会社マルナカです。

社員研修の為、9月22日(月)~9月26日(金)までお休みを頂きます。

ご迷惑お掛け致しますが、何卒お願いいたします。

最近、スカパーの無料お試し期間を申請してディスカバリーチャンネルを見ています。
ちょうど2CVのレストアをする番組がやっていました。
最初はワクワクして見てたんですが、圧縮漏れでピストンリングの交換だの、サスペンションのオーバーホールが必要だの言い出して、だんだん私も仕事モードになってきて番組終わる頃にはちょっと疲れました。
寝っ転がって見てただけなんですけどね~~。

先週は3台ご成約頂きました!有難うございます。
IMG_3375.jpgIMG_3377.jpg
308は406からのお乗り換え。ディーラーさんに認定中古車を業販して頂きました。
本当は406サイズのセダンがご要望でしたが、プジョーもルノーもシトロエンも、あのサイズのセダンを出していないので、308に落ち着きました。308は後期モデルからプジョーらしいデザインに戻ったと思います。最近発表されたNEW 308より愛嬌があるように思いますが、いかがでしょうか?

407SWは406ブレークからのお乗り換え。
赤か白がいいということでしたが、どちらも希少色でなかなかオークションに出てきませんでした。1ヶ月ほど探しましたが今乗っている406の車検が近いという事で、こちらも業販して頂きました。

206206からのお乗り換えでございます。
新車でVWポロや208も候補でしたが、206を大変気に入ってお乗りになっていらっしゃいます。
同じ色・年式・グレードで距離1万キロという出物があった為、再度206にお乗り換えです。
新車から13年超ですが全力でバックアップ致します。

そして納車整備 308から
走行5000Km程度ですが、ブレーキフルード、クーラント、バッテリー、エンジンオイル、エレメント、ポーレンフィルタ、エアフィルタ、前後ワイパーゴムと経年劣化する油脂類を中心に交換を致しました。
IMG_3388.jpgIMG_3387.jpg
IMG_3394.jpgIMG_3393.jpg

最後にナビの取り付け。
IMG_3392.jpg

407はドアに凹みがあったので、ミラーとドアノブを外して板金屋さんへGO!
IMG_3380.jpg

206407の二台も近日整備に入ります。

メガーヌはガソリン漏れで入庫。フューエルホースからですね。
ボデーに擦れて摩耗したようです。ホースの結束位置を変更しました。
IMG_3354.jpgIMG_3356.jpg

206SWはエンジンがかからないーということ入庫。
正確にはセルが回りませんでした。点検の結果セルモーターの故障です。
IMG_3378.jpgIMG_3379.jpg

1007はクラッチ交換とタイミグベルトの交換で入庫。
IMG_1929.jpgIMG_1931.jpg
IMG_3364.jpgIMG_3363.jpg
ついでにクランクシールも交換しときました。

Posted on 2014/09/17 Wed. 00:41 [edit]

category: 未分類

tag: ご成約  206  407  308  1007 
tb: 0   cm: 0

1007とカングーと1007の納車整備など  

こんばんは 岐阜のフランス車専門店の株式会社マルナカです。
1007のエーゲブルーをご成約頂きましたのでさっそく納車整備です。
IMG_1558.jpg

半年ほど前に車検受けて私の足にしていたので、油脂類などは交換済なのですが、気分の問題もあるので交換。
IMG_1493.jpgIMG_1495.jpg
Dベルトやエアエレメント
IMG_1544.jpgIMG_1565.jpg
走行3万キロなので、スパークプラグも交換しときます。
IMG_1486.jpgIMG_1488.jpg

バッテリーは半年前に交換済、ブレーキパットはまだ余裕あるので今回はパスです。
タイヤにミゾはありますがクラックがあったので交換。
IMG_1490.jpgIMG_1563.jpg
写真のナンバープレートを画像処理し忘れましたが、既に希望ナンバーに変更してあるので大丈夫でしょう!!


次、カングー。走行35000Kmですがタイミングベルト、オルタプーリーとATF今年の二月に交換しております。
IMG_1531.jpg
こちらもしばらく弊社のサービスカーとしてパーツのデリバリーに使用してましたが、嫁ぎ先が決まりました。
まずはご成約有難うございました。
IMG_1551.jpgIMG_1534.jpg
オイルとバッテリー交換。
ブレーキパットは問題なし。プラグもイリジウムなのでこのままいきます。
IMG_1535.jpgIMG_1532.jpg
ドライブシャフトブーツからグリスがはみ出てたのでパーツ入庫次第交換します。

次、206RCは車検整備です。
特に大きなメンテナンスも必要なく。
IMG_1519.jpgIMG_1520.jpg
IMG_1511.jpgIMG_1514.jpg

ドライブシャフトシールからオイル漏れしてたのでシールの交換。写真はミッションオイルの充填。
スタビリンクボールジョイントにガタがあったので交換。
IMG_1524.jpgIMG_1518.jpg
こんな感じです。

もう一台、1007チャイナブルーの納車整備。
下取り車なのでお値打ち価格でご提供できました。ありがとうございます。
油脂類一式とバッテリー、右ドアのロックアクチュエータを交換。
写真提供は新人の本村くん。交換前の写真を撮ってどうするんだ・・・
IMG_1536.jpgIMG_1537.jpg
IMG_1538.jpgIMG_1539.jpg

中には何を伝えたいのかよくわからない↓のような写真も・・・。
IMG_1543.jpg
ロアアームをシャーシブラックで防錆しました!って言いたかったのかな?きっと。
人の気持ちは言葉にしないと伝わりませんね・・・。

外装に移ります。ヘッドライトがヤレていたので磨きます。向かって左施工済み、右側がこれから。
写真のナンバープレートを画像処理し忘れましたが、木曜日に県外登録するので大丈夫でしょう!!
IMG_3126.jpg

最後にワコーズの黒モール復活剤(←商品名適当)を塗り塗り
IMG_3119.jpg
ふっかつふっかつー♪
IMG_3122.jpgIMG_3125.jpg
ふっかつふっかつー♪
IMG_3120.jpg
気付いたら前後左右の車にも塗ってました。
今後もっと多くの黒モール達を復活させていきたいです。黒モール界のメシアになりたいです。

Posted on 2014/06/23 Mon. 23:22 [edit]

category: 未分類

tag: 1007  207  206  カングー 
tb: 0   cm: 0

クラッチ三兄弟  

ご成約ありがとうございました。
IMG_2717.jpg
ピカソは甲信越地方のシトロエンディーラーさんに業販。

IMG_2757.jpg
クーペは中部地方のプジョーディーラーさんに業販。

CCはオークションエージェントでご成約頂きました。
オークションエージェントは業者オークションに出品されている車両をお客様にお選びいただき、それを弊社が代行して落札するシステムです。
IMG_2703.jpg
在庫管理のコストが削減できるので、店頭に並んでいる車よりは安く乗り出す事が可能となりますが、業者オークションに出ている車両はあくまで「素材」です。海で釣った鯛は刺身にしないと食べられないのと同じで、落札した車両は適切にメンテナンスをしないと乗り出せません。

このCCは納車前に300Kmほど試乗し、3~4箇所の不具合を洗い出しました。
クーリングファンとブロアモーターのレジスタが不調でしたので交換。
車速のエラーが入っていたので同じくセンサー交換。
他はいつものように油脂類とバッテリーなどの消耗品交換の納車整備。
シフトコントロールケーブルを調整してシワの寄った革シートを補修し、ナビとオーディオの取り付けをして最後にポリマーをかけて完成です。


クラッチ交換三兄弟。
末っ子のパンダはレリーズベアリングから異音が発生していました。
IMG_2769.jpgIMG_2771.jpg

IMG_2772.jpg
前々からリアクランクシールからオイル漏れがあったので、ミッションを下ろすついでに交換。
IMG_2773.jpg
クラッチ板自体はそれほど悪くもありませんでした。

次、次男の1007
交換前に試運転しましたが明らかに滑ってます。
IMG_2784.jpgIMG_2791.jpg
上が新品、下が交換部品。ついてたクラッチ板はほとんど溝がありません。
シーケンシャルミッション車はクラッチペダルがないので、車両の変化に気が付きにくいです。

IMG_2792.jpgIMG_2796.jpg
ダストで汚れた内部を洗浄し、ドライブシャフトシールとクランクシールも交換。
テスターでクラッチとギア位置を学習させて完成です。

弟達はシーケンシャルミッションですが、長男の306は男の3ペダルです。
もともとは車検で入庫。異常なまでのクラッチの重さで車検場で足がつりそうになりました。
なのでクラッチ3点セットとクラッチワイヤーも同時交換。油圧式?ってくらい軽くなりました。
IMG_2759.jpg
この長男、甘やかされて育ったせいか上の写真のようにレリーズベアリングがダイヤフラムスプリングと一体化しています。
大抵の整備士が泣きだす構造です。
が、最初にクラッチフォークを抜いておくと泣かずにすみます。そして組み付けも楽々です。

Posted on 2014/03/17 Mon. 20:01 [edit]

category: 未分類

tag: パンダ  1007  306 
tb: 0   cm: 0

1007 グラプン納車整備など  

Kangoo車検整備。
油脂類、フィルター類、ゴム素材のパーツとバッテリー交換など基本的なメンテナンス。
IMG_2555.jpg

3回目の車検。走行距離は6万キロちょっとです。
長く乗りたいということで、そろそろタイミングベルトもやっときましょう。
IMG_2543.jpg
クラック入ってました。交換しといて良かったです。
IMG_2550.jpgIMG_2554.jpg

ご成約いただいたグランデプントですが、今週末納車なので粛々と納車整備を進めてまいります。
IMG_2556.jpg
IMG_2561.jpg

1番~4番のピストンを同じ高さにして(上死点から90°進めて)ベルトを交換致します。
うちは一応専門店の看板出してるのでSSTを使用してますが、国産車メインのモータース屋さんでもこの方法でしたら万一ベルトの交換中にカムがズレてもピストンにガチーン!!っとならないのでおすすめです。

カムシャフトはサービスホールから治具で固定してピストン側でタイミングの微調整を行います。
プジョーはカム側で微調整するエンジンが多いので、メーカーによる設計思想の違いが面白いですね。あ~でもEPエンジンはFIATと同じ考え方か~。
IMG_2563.jpgIMG_2571.jpg
ウオポンとサーモ+水温センサーも交換。

1007ご成約頂きました。有難うございます。
IMG_2566.jpg
県外登録なので予備検査を受けて明日京都まで登録に行ってきます。
試乗中フロントの足回りから異音が気になったので修理。アッパーマウントの不良でした。
陸運支局での車検コースを通る前に、光軸やサイドスリップを調整するテスター場なる施設があります。
そこでプジョーやシトロエンのサイドスリップを調整されているのを見かけますが、初期設計値がネガキャンの1007以降のプジョー(207、308、クーペ407、C4ピカソ)は横すべり量の例外的取扱い車両なので、その場しのぎの整備で片側だけタイロッドの長さを変えられたりすると後々こういう不具合に繋がります。

IMG_2572.jpgIMG_2573.jpg
エンジンオイルやブレーキフルード、クーラント、ワイパーゴムにバッテリー、スパークプラグにミッションオイル、ACフィルタ交換。
IMG_2578.jpgIMG_2582.jpg

最後にテスターをあてたら左側ドアのエラーが入ってたので、アクチュエーター交換。
在庫持っててよかったです。
IMG_2592.jpg

Posted on 2014/02/04 Tue. 00:35 [edit]

category: 未分類

tag: 1007  カングー  タイミングベルト  グランデプント   
tb: 0   cm: 0

607 タイミングベルト交換  

607タイミングベルト交換です。プジョー最後のV6エンジンです。
途中からVVTが付いたりベルトテンショナが変更になったりしてますが、プジョーでは406、407607、シトロエンではエグザンティア、C5、C6、全て基本設計は同じです。
IMG_2179.jpg
どの車種もエンジンルームのスペース的には割と広いので作業性はそこそこです。やたら長いボルトがボディに当たって抜けない所が何箇所かありますが。。。

IMG_2171.jpgIMG_2177.jpg
ちなみにこのエンジンのタイベルの推奨交換距離は9万キロです。
ルノーも同型エンジン載せてますが、あっちは5万キロとか6万キロです。たしか。
同じエンジンなのに推奨交換距離が違うのは何故なのでしょう。しかもルノーは純正パーツ価格がえらい高いです。イグニションコイルでも同じパーツなのにPSAと値段設定が全然違ってびっくりした記憶があります。


次、1007車検でお預かり。

IMG_2172.jpgIMG_2166.jpgIMG_2168.jpg

一年前にクラッチアクチュエータを交換してますが、またよからぬエラーが入ってますね。
とりあえずバッテリーが弱いので交換して様子を見ましょう。
プラグはイリジウムにしました。

IMG_2164.jpgIMG_2156.jpgIMG_2202.jpg
12万キロということでブレーキホースやらドライブベルトのテンショナにもガタがきてたので交換。アクセサリベルトが大変なことになってます。クランクシャフトプーリーに巻きついて、そのままタイベルのコマ飛びとかよくある話です。

IMG_2167.jpgIMG_2169.jpgIMG_2170.jpg


続きましてエンジンのかからない407SW V6、車内が荒らされてます。なんでもイタズラされたとか。
それでエンジンかからなくなっちゃったみたいです。事情は知りませんが、うちに入庫してもらった限りは元気にして送り出します。
IMG_2205.jpgIMG_2182.jpgIMG_2196.jpg
クランキングはしますが、メーターに見慣れない表示が。どうもイモビが働いてるようですね。
BSIの電源ははいってるようです。
とにかく「この鍵、俺のじゃない!」って言ってらっしゃるので、テスターつないでご機嫌をお伺いします。

IMG_2183.jpgIMG_2184.jpg
反応しないノードがちらほら・・・COMが眠っているようですね。このパーツ、イモビの受信機も兼ねているのでイモビが働いているのには納得いきます。当然、ウインカーやワイパーも動きません。

次、「何で眠っているのか」あるいは「何で起きないのか」を探ります。
IMG_2195.jpgIMG_2191.jpg
今回は故障ではなく作為的に故障させられているので、たちが悪いです。ヒューズやら配線やら地道に確認します。間違い探しみたいになってきました。エンジンルーム側も荒らされた痕跡があるので同様に確認します。

COMに直接12V入れると・・・、かかりました。これはBSI本体がダメになってますね。
一体何をしたんだか。水でもかけたんですかね?そういえばフロアマットがしっとりしてるような気が。
IMG_2189.jpgIMG_2186.jpg

Posted on 2013/09/16 Mon. 22:15 [edit]

category: 未分類

tag: プジョー  607  タイミングベルト  1007  407 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

メールフォーム

リンク

最新記事

カテゴリー

月別アーカイブ

RSSリンクの表示


▲Page top