マルナカNews

岐阜 プジョー 専門店 マルナカのブログ

RCZオイル漏れ修理 405AT交換 407BSM交換など  

フランス車専門店 株式会社マルナカです!
昨日は凄い雨でしたが、多くのお客様にご来店頂きまして誠に有難うございました。
土日はオイル交換やブレーキパッド、バルブ(電球)の交換等のクイックメンテナンスが多いですね。

それにしても会社の前の用水路があと30cm位で氾濫するところでした・・・。

打って変わって今日はいい天気で、昨日エンジン不動でレッカーされてきた車が3台ほどありました。
平日ですと午前中に部品の注文をすれば翌日には入荷しますので、入庫期間を時短するために早速診断!
IMG_9428.jpgIMG_9395.jpgIMG_9431.jpg
ワインレッド以外の子は、ほぼほぼご新規様です。

RCZはオイル漏れ入庫。
IMG_9424.jpg
オイルポンプのソレノイドのハーネスから、オイルが毛細管現象で伝って漏れてますね。
以前はオイルパンを外す必要がありましたが、現在はリペアキットがあります。
IMG_9410.jpg IMG_9417.jpg
在庫があったので、早速交換。

206スタイルはATのエマージェンシーモード移行
IMG_9425.jpg
バルブボデーとメインプレッシャーのソレノイド交換
IMG_9406.jpg IMG_9407.jpg
ATFを抜いた時は綺麗に見えましたが、磁石見てみると鉄粉盛りだくさんでした。
IMG_9408.jpg

結局ATを載せ替えた405グリフはATそのものの変速等は調子が良くなったものの・・・
IMG_9371.jpg
試乗中にエンジンチェックランプがちらちら点灯しては消える。
規則性がないか試乗しておりましたら、惰性で走行中にアクセルONでチェックランプ点灯します。

お話しお伺いすると以前からそんな感じだったようで・・・。
IMG_9370.jpg
ダイアグ用のコネクターの端子(2ピン)を短絡させてチェックランプの点滅回数でエラーを読み取るという、
なんともいい時代のシステムなのですが、何度やってもエラー出てこず。
一瞬しかつかないので、記憶できないのかな?
あーでもないこーでもないごちゃごちゃ2時間。で、結論からいうとバキュームセンサーでした。

Posted on 2018/05/14 Mon. 12:22 [edit]

category: 未分類

tag: 405  206  407  RCZ 
tb: 0   cm: 0

207AT修理 207エアコン修理 メガーヌRSスポイラー取付  

フランス車専門店株式会社マルナカです。
GW前半はいいお天気になるようですね。
今朝は天白までご注文頂きましたブルーテレスのC4グランドピカソを取りに行ってまいりました。
IMG_9279.jpg IMG_9280.jpg
休み明けに車検整備をして納めさせて頂きます。

メガーヌRSはフロントリップスポイラーの取り付け。
IMG_9274.jpg IMG_9276.jpg
エアロ等の社外品は想像以上に困難な場合があり、これもどうなる事かと思いましたが、あっさり取り付けられました。
チリの調整や取り付けの加工が非常に大変なものもあるので、安いからと言って飛びつくが工賃が高賃になる場合があります。

207はエアコンが効かないということで、ご入庫。
IMG_9268.jpg
エンジンチェックランプが点灯しており、テスターで読むとクーリングファンレジスターが悪いようでマグネットクラッチを制御しておりました。
レジスターを交換しましたが、冷えがいまいち。
点検の結果、コンプレッサーの圧縮不良も併発しておりましたので、コンプレッサー交換。
IMG_9267.jpg IMG_9263.jpg
いい感じに冷えております。

もう一台、207。オートマチックに変速ショックがあり、ガツン!となってチェックランプ点灯
IMG_9217.jpg
パラメーター点検の結果、メインプレッシャーの圧力不足で、ソレノイドバルブ交換となりました。

先日からブログにも書いている405のATですが、その後変速タイミングが良くなったり悪くなったりで
長期在庫で持っていました4HP16のハイドリックブロックを交換しましたが改善せず。
IMG_9269.jpg IMG_9271.jpg
オイルパンの中はなかなかの鉄粉でAT交換となりました。
中古ATですが弊社の部品庫に在庫があり、事なきを得ました。


Posted on 2018/04/29 Sun. 16:08 [edit]

category: 未分類

tag: メガーヌ  207  C4グランドピカソ  405 
tb: 0   cm: 0

405と508のAT不調 308チェックランプ 406エンジンストール  

フランス車専門店 株式会社マルナカです。

プジョー508SWは加速すると振動が出るという事で入庫。
エンジンが振れるというお話でしたが、試乗の結果オートマチックでした。
IMG_9229.jpg IMG_9184.jpg
パラメーター見ながら試乗。ロックアップクラッチが作動する際に振動しますね。
制御上はおかしな点がないですし、エラーコードも入っていませんので機械的な問題ですね。
IMG_9261.jpg
とりあえずフラッシング剤入れて3時間ほどアイドリング&試乗。そしてATF交換。
改善しません。お見積り作成してオーナーさんにご相談です。

405もATの不調です。懐かしの4HP14
冷間時1速から2速に変速せず。
IMG_9230.jpg
フラッシング剤入れてATF交換。アイドリング&試乗する事5時間。
IMG_9220.jpg
キックダウンケーブルとセレクションコントロールの調整。一晩置いて試乗しましたがいい感じです。
明日の朝もう一度試乗して問題なければ納車です!

次、308は出張先でエンジンチェックランプの点灯。
IMG_9258.jpg IMG_9257.jpg
地元のディーラーさんで点検したら高圧燃料ポンプが悪いという診断だったらしいですが、
フリーズフレームデータの急速補正-30%はどうやって説明するんですか?
車検が近いのでその際にタイミング点検します。それとRECSやりましょう。

次、1007 こっちもエンジンチェックランプ点灯
IMG_9167.jpg IMG_9165.jpg
入ってるエラーはミスファイヤーらしいです。
IMG_9164.jpg
一気筒動いてないです。
IMG_9177.jpg
プラグとコイル交換で完治しましたー。

406は信号待ち中などにエンジンストール。
いい時は全然いいし、悪い時は急に悪いらしいです。
IMG_9226.jpg
とりあえずテスター繋いでみますが、エラーは入っていません。
ひとつずつ数値を見てエンストする時に何が起こっているか検証します。
IMG_9201.jpg IMG_9196.jpg
左が正常、右が調子悪い時の02センサーと回転数のグラフです。
02の動きからリッチ状態が続いて回転数が落ちているのが分かりますね。
燃料濃すぎです。

IMG_9195.jpg
燃圧問題なしー。ISCVは去年交換しております。
他のパラメーターも参照しますと
IMG_9202.jpg
キャニスターソレノイドが動き出すとエンジン回転が一気に下がります。
ここの所暑かったので、キャニスターから大量に濃い蒸発ガスが出ていたと推察。
走行距離21万キロ!なので、ソレノイドと一緒にキャニスターも交換しましょう。


Posted on 2018/04/26 Thu. 15:47 [edit]

category: 未分類

tag: 508  405  308  406  1007 
tb: 0   cm: 0

306405308  

まだまだ乗ります。306

IMG_2826.jpg
全塗装

IMG_2828.jpg
こちらはヒーターコアからLLC漏れ修理
IMG_2835.jpgIMG_2836.jpg

IMG_2841.jpg

エンジンのかかりも悪いです。
混合気補正がアッパーリミットらしいです。
IMG_2820.jpg
IMG_2821.jpg
この燃圧では無理もないですね。燃料ポンプ交換です。


405は定期点検。
圧縮空気でアワアワになるフォームガン買いました。なかなか楽しく洗車できます。
IMG_2809.jpg

エンジン不調の308
IMG_2799.jpg
なぜテスターが英語かっていうと格好良いからです。
というのは冗談で日本語にすると訳がたまに間違ってるからです。
IMG_2802.jpg
とりあえずターボ用ウォポン交換。スーパーノックはRECSで様子見てください。
次回、タイミングチェーン交換です。

Posted on 2014/04/29 Tue. 22:30 [edit]

category: 未分類

tag: 306  405  308 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

メールフォーム

リンク

最新記事

カテゴリー

月別アーカイブ

RSSリンクの表示


▲Page top