マルナカNews

岐阜 プジョー 専門店 マルナカのブログ

1007 グラプン納車整備など  

Kangoo車検整備。
油脂類、フィルター類、ゴム素材のパーツとバッテリー交換など基本的なメンテナンス。
IMG_2555.jpg

3回目の車検。走行距離は6万キロちょっとです。
長く乗りたいということで、そろそろタイミングベルトもやっときましょう。
IMG_2543.jpg
クラック入ってました。交換しといて良かったです。
IMG_2550.jpgIMG_2554.jpg

ご成約いただいたグランデプントですが、今週末納車なので粛々と納車整備を進めてまいります。
IMG_2556.jpg
IMG_2561.jpg

1番~4番のピストンを同じ高さにして(上死点から90°進めて)ベルトを交換致します。
うちは一応専門店の看板出してるのでSSTを使用してますが、国産車メインのモータース屋さんでもこの方法でしたら万一ベルトの交換中にカムがズレてもピストンにガチーン!!っとならないのでおすすめです。

カムシャフトはサービスホールから治具で固定してピストン側でタイミングの微調整を行います。
プジョーはカム側で微調整するエンジンが多いので、メーカーによる設計思想の違いが面白いですね。あ~でもEPエンジンはFIATと同じ考え方か~。
IMG_2563.jpgIMG_2571.jpg
ウオポンとサーモ+水温センサーも交換。

1007ご成約頂きました。有難うございます。
IMG_2566.jpg
県外登録なので予備検査を受けて明日京都まで登録に行ってきます。
試乗中フロントの足回りから異音が気になったので修理。アッパーマウントの不良でした。
陸運支局での車検コースを通る前に、光軸やサイドスリップを調整するテスター場なる施設があります。
そこでプジョーやシトロエンのサイドスリップを調整されているのを見かけますが、初期設計値がネガキャンの1007以降のプジョー(207、308、クーペ407、C4ピカソ)は横すべり量の例外的取扱い車両なので、その場しのぎの整備で片側だけタイロッドの長さを変えられたりすると後々こういう不具合に繋がります。

IMG_2572.jpgIMG_2573.jpg
エンジンオイルやブレーキフルード、クーラント、ワイパーゴムにバッテリー、スパークプラグにミッションオイル、ACフィルタ交換。
IMG_2578.jpgIMG_2582.jpg

最後にテスターをあてたら左側ドアのエラーが入ってたので、アクチュエーター交換。
在庫持っててよかったです。
IMG_2592.jpg
関連記事

Posted on 2014/02/04 Tue. 00:35 [edit]

category: 未分類

tag: 1007  カングー  タイミングベルト  グランデプント   
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://marunaka5peugeot.blog.fc2.com/tb.php/293-f4aeceec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

リンク

最新記事

メールフォーム

カテゴリー

月別アーカイブ

RSSリンクの表示


▲Page top