マルナカNews

岐阜 プジョー 専門店 マルナカのブログ

307 タイミングベルト切れ  

岐阜市のフランス車専門店 株式会社マルナカです。

エンジン不動の307 T7 1.6 レッカーで運ばれてきました。
IMG_5075.jpg
圧縮が足りませんね。

とりあえずシリンダーヘッド外します。ヘッド開ける途中でタイベルがコマ飛びしてたので、こうなってるのは予測できましたが・・。
修理の方向性を決めるために分解してみます。
IMG_5147.jpg

ヘッドのみでしたらオーバーホールも考えましたが、ピストンまでいっちゃってますね。
腰下までやると予算オーバーなので中古エンジンに交換。
IMG_5178.jpg

こちらは部品取りのC3のエンジンです。このエンジンを使います。
NFUですがこのエンジンはシリンダーヘッドガスケットが弱いので、後々問題が出ないように燃焼室のカーボン除去とヘッドガスケットを交換しときます。
IMG_5195.jpg

左が掃除前、右が掃除後
IMG_5196.jpgIMG_5197.jpg

車載状態だと交換するのに大変なガスケットやらシールもこの際なので交換しときます。
またエンジンが同一でも補機類やハーネスは車種別なのでこれらは元付いていた物に交換。
IMG_5200.jpgIMG_5184.jpg

ある程度、新しいエンジンを組んでからATをドッキング~。
IMG_5206.jpg

ちなみにこの車輌ですが、走行距離5万Kmです。
実はこの車の前にも同様に1007もエンジンを載せ代えております。
1007、307後期で低走行を理由にタイミングベルトを交換されてない方、車齢的に要注意ですよ。

Posted on 2015/11/27 Fri. 18:09 [edit]

category: 307

tag: 307  エンジン 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://marunaka5peugeot.blog.fc2.com/tb.php/350-89f9a987
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

リンク

最新記事

メールフォーム

カテゴリー

月別アーカイブ

RSSリンクの表示


▲Page top