マルナカNews

岐阜 プジョー 専門店 マルナカのブログ

軽車検とC5と206  

親戚の軽自動車の車検を頼まれました。
ブレーキパッド使用限度を超えてます。こんな所にECO意識しなくていいです。

ローターが削れてABSセンサーにびっしり鉄粉が。




自動車で唯一地面に接してるのはタイヤで、停車させられるのはブレーキだけです。

別にエンジンがかからなくても死にませんが、タイヤとブレーキは命に直結します。

いつもなら見積もるんですが、親戚ということで問答無用でタイヤとブレーキパット、ローター、バッテリーの交換です。






次はシトロエンC5の12ヶ月点検。

LDS漏れてます

HPポンプからですね・・。これは要見積もり。





うちに一台C5の部品取りがあったのでアレ使えればいいんですが。


カムカバーからエンジンオイルも滲んでます。

イタフラ車なら、まぁ許容範囲かな?この辺は考え方次第なのでオーナーさんと相談します。







バスタブ曲線で言うところの偶発故障期ですね。

ここで悪い所を出し切れば、20万キロ目指せます。






続いてバッテリーは・・・。
硫酸鉛の結晶です。お湯かけると溶けます。が、外部の電極までこんな感じだと、バッテリーの中も似た様な感じになってます。サルフェーションという現象です。


詳しくはココ見てください。



307CCです。

タイヤ交換と異音修理と室内外清掃。

異音はタイヤのウェイトがブレーキキャリパーに干渉して発生してました。

車内の清掃ですが新兵器、レイザーミストの登場!


よくある車内消臭除菌ってやつです。人体には無害と言われてる次亜塩素酸で消毒します。







10分後・・・。もっくもくの真っ白です。こ、これは効きそう。

小一時間ほど内気循環でアイドリングすると、なんというか次亜塩素酸のニオイがします。

病院のニオイというか、プールのニオイというか、とにかく菌は死にそうな感じです。




その後、菌が死んだか顕微鏡で点検します、しません。







206CCは車検で入庫。タイベル交換が終わって、次はエンジンカーボン除去です。

今週中には仕上げますが、この車両もその他諸々やる事多数なので頑張らないと。



関連記事

Posted on 2012/04/16 Mon. 20:04 [edit]

category: 未分類

tb: --   cm: --

プロフィール

リンク

最新記事

メールフォーム

カテゴリー

月別アーカイブ

RSSリンクの表示


▲Page top